人材紹介会社にお世話になって納得のいく転職が出来た人も少なくありません。
自分だけで転職活動を行うのは、精神的に、なかなか辛いものです。転職先がなかなか決まらないと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。
転職理由は書類選考や面接の中でとても大切です。
相手に納得してもらう理由が無い限り低い評価になってしまうでしょう。
でも、転職したい理由を質問されても上手く答えられないという方もきっと多いはずです。
ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由が苦労の元となります。
転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。
退職後は、時間が自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決定しないケースもあります。
職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職する先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を退職しないようにしましょう。まず、本気で転職したくなった理由を振り返ってください。
そのままストレートに言うわけではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。
そうしたら、今度はなるべくよいイメージを与えるように言葉の使い方を変更してください。
なぜ転職するのかの説明ばかりだと言い訳しているように受け取られるので、長さには注意しましょう。
長時間労働が原因で辞めた時は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「環境を変えることで自分を成長させたい」と表現するとイメージは悪くありません。
言いかえることでネガティブな転職理由も、プラスのイメージになります。採用される履歴書の書き方は、150文字から200文字で書くのが理想です。
ファイナンシャルプランナーになるには