浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費とは具体的には交通費や写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることも少なくありません。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。短時間で調査を完了すると支払い額も安くなります。浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、別れるべきか否か決めかねますよね。まず頭を冷やして、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。浮気の根拠を手にするには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。ところが、探偵に頼むと費用がかさむので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。探偵に浮気調査を頼んだとしたら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所が変われば金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚しないままの方が良いこともあります。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。それは男性の場合であっても同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう

探偵を比較するために必要な事