もっとも自由度が高くて軽い負担なのが脱毛ラボです。脱毛箇所は全48箇所の中から自分の思い描いたように組み合わせられるので、脱毛サロン側でパッケージングされたプランに捉われることはありません。契約方法も回数パックプランと月額制が選べるという選択肢があります。ミュゼプラチナムはこの中では一番全身脱毛寄りで、大部分のパーツをまとめて脱毛したい方向きです。割引キャンペーンが毎月変更になるので、申し込む前には確認しておきましょう。これら以外にもおすすめはありますが、じっくり検討を重ねることがポイントです。そのための参考になるサイトはこちらです。ムダ毛が気になる部位は、大抵の場合至る所にあるのが普通です。でも、毛量を減らしたいところが複数あるからと言って、全身脱毛まで必要だとは希望しない方の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。全身脱毛といえばまとまったお金が必要というイメージがありますし、何より時間がとても長く必要になります。脱毛サロンで脱毛されている部位の実績ランキングなんかを見ると、必ずと言っていいほど「ヒザ下」「ヒジ下」「襟足」を見かけます。強い傾向として、薄着になると視線に晒される部分なので、恥ずかしくない状態にしておきたいという気持ちは理解できます。その他で人気のある部位では背中やヒジ上などがあります。そこで私が注目したのが「選べる部分脱毛」です。両ワキやVIOの脱毛が終わったからと言って、もうムダ毛が気になるパーツがないわけではありません。夏も近づいて薄着の機会が増えていくにつれ、どうしても気にせずにはいられないパーツは出てきます。腕・足・襟足などがその最たる例で、今年の夏こそはツルツルにして過ごしたいと思います。複数個所の部分脱毛がまとめてできる脱毛サロンの候補としては、「脱毛ラボ」「銀座カラー」「ミュゼプラチナム」などがあります。脱毛ラボは12箇所または24箇所を全身の48箇所の中から自由に選べます。銀座カラーは大きめの部位単位がセットになっています。ミュゼプラチナムはかなり多い部位がセットになったプランが3パターン用意されています。脱毛サロンによって部位数が違うので、金額の面でも差が広がりやすくなっています。どこより簡単なのは銀座カラーの「腕全セット」や「足全セット」ですが、これらのプランの場合は、ミュゼプラチナムのフリーセレクトコースが比較対象としてもっとも相応しいので、要チェックです。脱毛サロンの特徴として「部分脱毛」を軸に集客をしているところと「全身脱毛に力を入れているところ」の2種類がありますが、実はその真ん中にある「部分脱毛をまとめた」セットコースを販売している脱毛サロンもあります。「選べる部分脱毛」とは、自分の好きなパーツを自由に組み合わせたり、最初から人気部位で固められたセットコースの総称です。いくつかのパーツを脱毛する場合、サロンの掛け持ちを実践する方もいるようですが、私の個人的な考えとしてはあまりお勧めしません。終始個人的な考えではありますが、複数の脱毛サロンに行くのってとっても気を使いますし、コストの事を考えても、逆に費用がかさむような事になりはしないかと心配です。実際にパッケージングされた部分脱毛をしようとした時に、何よりも先にするべき事は「どことどこの脱毛をしたいのか」をハッキリさせることです。選べる脱毛プランの場合、パーツの組み合わせや料金といった面で、サロンによって大きな違いがあるからです。お店選びがもっとも難しいのが選べる部分脱毛だと思います。